RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
自転車を見直す
自転車を見直す

2002年に購入してからちょこちょこ手を入れて乗ってきたMTB。

一番最後にいじったのはRDにアルテグラとカセットにデュラを投入。

MTBなのにリヤのコンポがロードという仕様です。

一度も山を走らない平坦な道だけを行く我が自転車の特性ゆえの選択。

さて今度はどこをいじるのか?

最近はもっぱら朝の鍛錬の移動手段として使っておりまして

・近距離
・途中に勾配なし
・豪快に段差をおりるとチェーンが脱落する

この条件から、「シングルスピード化」することに決定した。

すでにフロント側はアウターをバッシュガードにしてインナーは取り外しているのでミドルギアの選択のみ。

リヤ側は単純にRDを除去してカセットをシングル刃仕様にするだけなのだが

「RDがなくなる=チェーンのテンショナーがなくなる」

ということでチェーン引きの機構を有さないMTBではギヤの枚数でチェーンの張りを調整することになるわけです。
後付けのテンショナーも売ってはいるが、見た目がどうにもスマートではないためできれば付けたくはない。


■仕様を決める
なにはともあれシングルスピードのキモはギア比にある。
なので変速機の機構が残っているうちに理想のギア比はどれなのかを決定しておく。


■目指すは『ギア比2.4』
自分の場合は「36T-15T ギア比2.4」という数字が漕ぎ出しの重さと巡航速度の維持しやすさを両立していて理想となった。

チェーンが通るPCDの一覧
32T:129.6mm    12T:49.1mm
34T:137.7mm    13T:53.1mm
36T:145.8mm    14T:57.1mm
38T:153.9mm    15T:61.1mm
40T:161.9mm    16T:65.1mm
                          17T:69.2mm

ギアの軸間距離は425ミリ。

計算すると36T-15Tのチェーンライン長は1179.43mm
自転車用のチェーン1リンクが12.7mmなので92リンク+11mmとなります。

チェーンは形状からして2リンクで1セットとして機能するようになっているので、偶数で調整するのが基本となります。


(※上の画像はお借りしたものです。)
1リンク分だけを足せる半コマチェーンもありますが、わざわざ買い足さなければならない事や精度的にガタつきが出る場合もあるのでできれば使いたくはないところ。

「36T-15T」を実際にチェーンであわせてみると、93リンク目にギリギリで届かない感じですね。

92リンクと偶数ですが、11mmも余るとチェーンのたわみが大きすぎてテンショナーがなければ使えそうにありません。

次に36T-14T ギア比2.57 「92リンク+3.8mm」で試してみます。
余りが3.8mmという数値どおりチェーンのたるみも理想的である。

しかし「ギア比2.57」は出足が重くゼロスタートから巡航までを全てまかなうシングルスピードでは重過ぎるという印象。気持ちのいい速度に到達してもギアがスピードにのりきれてなく巡航中のひと漕ぎひと漕ぎに力がいるといった感じ。

ということで


■ギア比2.4に近い組み合わせを考る

・38T-16T:2.38
・37T-15T:2.47  37Tのギア自体が珍しく高価。
・37T-16T:2.31  37Tのギア自体が珍しく高価。
・36T-15T:2.40  現在の基準
・36T-16T:2.25
・34T-14T:2.43  タイオガ社のラインナップに34Tはない…('A`)
・32T-13T:2.46  13Tのコグが珍しく高価。

刃数が偶数であれば半円分をリンクできっちり埋められるという想定で計算。

38T-16T:2.38
c=427.3129
94リンク+3.81mm

36T-16T:2.25
c=426.91
93リンク+2.92mm
半コマを使えば可能な組み合わせ。

34T-14T:2.43
c=426.90
91リンク+2.54mm
半コマ+34Tのチェーンリングを探す必要あり。

こうやってみるとリンク数と余りの数値から「38T-16T」が理想的といえます。

■交換するもの

チェーンリング

ラインナップは32T, 36T, 38T 44T, 48T
変速用ではあるがタイオガ製は2,000円程度なのでコスパがいい。


リヤコグ

シマノの DXR(BMX用)のクロモリ製シングルコグ
実売は300円だがAmazonでも送料がかさみ800円程度。


チェーン

KMCのZ7
3/32の変速用ではあるが1,700円というお値段等から選択。
ミッシングリングが付属するがチェーンに余裕がないので使えない場合もある。


ハブのスペーサー

アキワールドのコグ付きスペーサー。
15T16T17Tの3枚が付属していて1,100円程度のお値段。
作りは超しょぼいが、欲しいチェーンラインが決まれば
この程度のパーツは加工屋で削りだしてもらってもいい。
コグも3枚ついてくるのでお試し品として最適。



半コマチェーン

KMC ハーフリンク H.LINK 3/32
使わないに越したことはないが、一応注文しておく。
KMCのチェーンとミッシングリンクとの対応表を見るとこのハーフリンクは
1/8も3/32も両方兼用のように書かれている。
しかしこれにはちゃんとサイズがあって、1/8, 3/32, 3/16と3種類のラインナップが存在する。購入時には気をつけたいところ。


-------------------------------------------------------------------------------------

■引用元さんのリンク

チェーンのリンクの画像はこちらのサイトからお借りしました。
チェーン交換について詳しく書かれているので一読されるといいですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

■追記
アキワールドのスペーサー
上記のセット品を購入したらコグだけ3枚入った商品が届きました。
スペーサーは別売りの1400円くらいするやつみたい、
とりあえず激重で作りがアレなコグなんでAmazonに返品することにしました。

あんまり返品をしょっちゅうやってるとブラックリストに載るらしいんで気をつけナとなぁ。

KMC ハーフリンク H.LINK 3/32
KMCのZ7チェーンとぴったりでした。
止めのピンがただのストレートピンなんで使っているうちに外れないかちょっと心配。






author:Q.Z.ライフ, category:日々、出来事, 20:51
comments(0), -, -