RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
靴底の修理 メモ
たった3回の山散歩しかしていないというのに靴底の減りが気になる・・・。

普通のダナーであれば靴底の張替えができるのでたいした問題ではないのだろうが
手元にあるのは中途半端なモデルなので、ソールがセメント製法なので
ソールの終了=靴の寿命となってしまう悲しい運命にある。

そこで延命処置をすることになる訳ですが
すり減った靴底に盛り付けることで長持ちさせるアイテムを紹介してもらった。

その名もシューグー。コロンブス社の製品である。

内容量100gで実売価格1200円といったところ。

この手の商品としては有名なようで2chにスレまでたっている。
2ch「シューグー」スレ

使い方からレビューまでそろっていてありがたい。
なんか光明が見えた感じがする。

追記
シューグーは揮発性の強い溶剤のようで換気に注意とのこと。
またその性質上、乾燥には1週間近く時間をかけたほうが安定するようです。

-----------------------------------------------------------------------------------

スレにはサンスター技研の「くつ底補修材」も紹介されている。


こちらの商品は盛り付けるところまではシューグーと同じだが
乾燥させるのではなく、熱湯に5分ひたすことで硬化させるというもの。
せっかちな自分に大変向いていそうな商品である。
ただ、高い少ないときたもんで。60gで実売1500円。

さらに調べてみるとシューグーからも同様な商品がありました。

シューグーS このSはスピードのSだそうな。
気になる容量は30gで1,000円と更に高価である。

シューグーのHP

↑をみてたら動画で使い方の説明あり。またそれを見ていたら・・・

アレ?シューグーSの開発者はサンスター技研の人・・・?
あぁ・・・中は同じなのね。なるへそ理解。

シューグーS = くつ底補修材 ってこと。
-----------------------------------------------------------------------------------

接着剤といえばセメダイン。
セメダインからも靴の補修材が出ております。
シューズドクターN 容量50ml 実売価格700円 

こちらはノーマルのシューグー同様の使い方です。

シューグーとの違いですが2chのスレを見た限りでは
盛る際の液ダレのしやすさや、硬化したあとの硬度の違いなどがあるそうです。

調べているうちにいろいろと出揃って参りましたがどれにしましょうかねw。

また追記
シューグーS 50%OFF
↑こんなの発見。
6/2~6/5までの期間限定。
せっかくだから待ってみようかしらね。



author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 23:23
comments(0), -, -
靴紐
予備の靴紐をザックに常備しておくと吉らしい。
たしかに途中で切れたら山散歩どころではないな。

紐の長さを計ってみると180cm。形状はラウンド。
この段階で市販の換え紐のメーカーと色がかなり限定される。

メーカーはTobbyかモンベル、靴紐.comのワークブーツ用の3択。
値段はモンベルが圧倒的に安く350円。しかし送料が525円・・・。
唯一青系の紐があるだけに悩みますなぁ。


黒いブーツにモンベルの青×黒はこんな感じのようです。画像は拾い物。


author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 15:07
comments(0), -, -
山の帽子

陣馬山で帽子をなくしてしまったので代わりを購入せねばな・・・。
『お金をかけずに楽しむ』が信条なんだけどもいたしかたない。
山ということでノッポさんみたいなハットを検討中。
顔がでかいから試着で鏡みて笑っちゃうんだろうなぁw

ー追記ー

ノッポさんの帽子ってこんな変な形だったっけか。
どちらかというとゴン太くんの帽子の方がイメージですわ。

author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 18:01
comments(0), -, -
地図と散歩
地図を持って山へ行こう。

『高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図』 という地図を使用しています。


ひろげるとこんなに大きくなります。


高尾山のルート確認や


そして陣馬山だってこのとおり。ちなみに33番が新ハイキングコース。


迷った城山周辺も地図があればコースの先がどこになるのかも一目瞭然。

ちなみに37番の縦走コースと45番のコースを間違えたんですね。
その先で簡単には縦走コースに復帰できないこともすぐにわかりますね。
そのまま下って大垂水バス亭という選択肢も出てきます。

『高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図』
↑クリックでamazonへgo。735円で買える安心がここにあります。

いろんなベテランハイカーさんのサイトで紹介されているだけあって
非常にいい地図だと思います。(他を知らないので無責任ですけど)

これがあると山に行かずとも部屋でシミュレーションができて楽しいですね。
どっから登って、どのコースを選んで、ドコを経由して・・・地図中にはいくつか温泉も記載されているので、ここから下山して温泉入ってこのバス亭から駅に行けば〜なんて想像しているだけでわくわくします。

先日の道間違いも事前にこの地図をかなり見ていたので、早々に異変に気がつくことができました。現地に持っていけてたら間違えることすらなかったのが悔やまれます。

山で広げるにはちょっと大きいかもしれないので、主要な部分だけ別にコピーしておいて、歩いている最中はそれを見るという使い方がいいと思います。
コピーならガシガシペンで書き込めるのもいいですね。

この地図は表面に特殊コーティングが施してありますので、水性ペン・蛍光ペンの類は書いても手でこするとぐにゃ〜と伸びてしまいます。
油性ペンでしか書き込めませんが、裏写りしないほどしっかりしているので、バス亭の時刻表等のメモ書きをしておくと更に便利かと。

author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 16:40
comments(0), -, -
経口補水塩の作り方
 


author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 21:07
comments(0), -, -
スミテュラス と プラパティス
数年前にグレゴリーのスミテュラスという
5Lのトレラン用ザックを購入したことがありました。

■外人さんの画像を借りました。

ハイドレーションにはプラティパスを選択。

■カモノハシのマークが特徴ですね。

ただ単にペットボトルを手に持ちたくないという理由だけなんですけどね。
使ってみてわかったのは、思っていたよりも夢のアイテムではなかったw。
ハイドレーションさえあればどこまでも走っていける・・・
そんな気がしていましたが現実はそう甘くありませんでした。

タンク部からホースを伝って水を吸い上げるにはけっこうな吸引力が必要になります。
逆流防止弁があるとはいえ、ホースの長さと径を考えればわかると思います。
これの何が問題かといえば
息も絶え絶えなラン最中にホースから水を吸い上げるだけの余力がないということ。
無理をして吸引すると呼吸困難になって倒れますw。
ラン中の超ツラい時に2〜3呼吸息を止めた感じですね。

なんで、走っている最中には水が飲めないというおあずけハイドレーション状態。

そしてプラパティスの容器は水が減るほどにパックがつぶれていき中に空気が入らないようになっています。
その構造から「真空パックみたいに水が固定される」とかってに思っていました。
ところが容器は柔らかいし、空気が入らないだけで当然真空でもないので中身の水がひとつの塊りとなって振動で上下に暴れます。

まともに扱えない自分にとって、ラン中に飲めず、背中では固まりが暴れるというデメリットしかないアイテムと化してしまいました。
せっかく買ったので、その後数回使用しましたが、前述のとおりで事態は一向に良くならずにオクで売ってしまいました。
今頃は嫁ぎ先の九州のトレラン愛好家のもとで元気に活躍していることでしょう。

教訓
幸せになれる道具でも、万民が幸せになれる訳ではない。

author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 21:27
comments(0), -, -
コンパス
SUUNTOのA-10届いた。

高尾〜陣馬山 縦走コースは整備されているのでほぼ必要ないけど
ゆくゆく地図が読めたら面白いだろうな・・・と思い購入。



author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 10:03
comments(0), -, -
フィンランドの方位磁石
フィンランドはスント社のコンパスM9
やたらとミリタリー関係のサイトがヒットすると思ったら
特殊部隊の兵士が個人装備として使用している例が多いみたいですね。
信用のおけるアイテムしか使用しない彼らが使うくらいですから精度も耐久性も期待できそうな一品です。

ただコンパス部は優秀でも、残念ながらベルトがイケテナイようです。

■SUUNTO M9 
ベルトはただのベルクロテープな感じですね。

それなら先日、チープカシオで合わせたNATOベルトなんてどうよ?
と思ったらすでにやられている方の画像がありましたわ↓

■SUUNTO M9 + NATOベルト。
うひょ〜かっけえ!
画像のようにODでミリタリー色を出さなくても、NATOベルトにはいろんなカラーがあるんでカジュアルな色もあいそうですね。


author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 00:20
comments(0), -, -
山用靴下購入 DARN TOUGH SOCKS
先日の高尾山散歩で欲しいものができたので、WILD-1に行ってきた。
南大沢という辺鄙な場所にあるせいか、知りうる登山用品を扱うショップとしては最大規模である。

ザックやら靴やらがわんさと並ぶ中で購入したものといえば靴下のみ。

■ダーン・タフソックス 2835円也!

「通常の使用で穴が空いても生涯保障で交換します」といううたい文句に惚れて購入。
メリノウールでクッション性もよく快適な散歩ライフが期待できます。
締め付け具合や、最新の繊維を織り込んだ多機能かつ高性能なのもありましたが、どれも生地が若干薄めだったんですよね。
ランニング用とかに超機能靴下を何足か持っているけど、足の親指の爪が上向きにせり出しているんで簡単に穴が空いて困った経験から頑丈さをとりました。
なにも考えずにガシガシ履いて使い倒せればそれでよし。
穴が空いたら交換よ!と。

ザックはグレゴリーのZ40をお試しでいじり倒してきました。
実際これがあったら快適なんだろうけど、いままでの経験から道具が一通り揃うとその趣味を辞めてしまうという厄介な病にかかっているので購入はしない方向で。
この手の一流所のザックが2万円しないで手に入るんだから凄いわ。
靴だってハイカットのしっかりしたやつで1.5万円ってところ。
中高年ハイカーが増えるのもわからんでもないです。


author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 19:49
comments(0), -, -
ダナーならし
靴の慣らしに近所を散歩してきた。
左足の甲の部分が縫製部に当たって痛い・・・
その他が快適なので余計に気になる。
革自体が柔らかいので30分程度歩き、軽く馴染んできたところで本日終了。

さて仕事。
author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 07:33
comments(0), -, -