RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
地下足袋+スロージョギング 6回目
あ・・・5回目忘れてたけどまいいか。

あいも変わらず天候は雨。
たかだか時間にして40分程度のことなんで晴れの時と同じ格好で走る。
どうせ蒸れ蒸れのビショビショになるんだし。
地下足袋は丸五ジョグ改を使用。

いいかげん地下足袋とスロージョギングに慣れてきたせいか
今までのようなふくらはぎの痛みはさほど感じない。
痛みというよりは乳酸がたまった重だるさがある程度。

着地も大事だけど、重心を前に出してというのを意識してみる。
地面の反発もうまく受けられて調子がいい。

いいペースで走れるなぁ・・・ってあれ?と、すでにスロージョギングの速度でない事に気がつくが気持ちがいいのでそのまま走る。
心拍数を120程度にコントロールできていればとりあえず良し。
特に疲労も感じることなくちょっと距離をのばして終了。

■地下足袋
雨天でけっこう降ってましたが、ホルメンコールをスプレーした丸五ジョグは雨を通すことなく帰宅するまで快適でした。
通気性を損なわないのがウリのホルメンコールだけど、蒸れに関しては地下足袋の生地の厚みからして通気性がいいとは思えないので、これは靴下の機能のおかげかな?と思っております。


author:Q.Z.ライフ, category:地下足袋 + ジョギング, 00:27
comments(0), -, -
地下足袋+スロージョギング 4回目
新規投入の丸五ジョグで行ってきました。

思っていた以上にソールの目の密度が高いのでダイレクト感が薄かった。
縫い付け式のペラペラ感はなく、先割れのシューズを履いているみたい。
だけど衝撃を吸収してくれる訳ではない・・・石を踏めばそれなりに痛い。
急に思い出したけど、体育館履きの履き心地にそっくり。
スロージョギングとの相性はいいと思うけど、足裏感覚を育てたい人には不向きな一足かな。

■印象
丸五ジョグ=先割れの体育館履き


4回目
雨だと思ってゴアテックスの上下を着込んで玄関を飛び出してみれば、雨はすっかり止んでおりました。出直すのも面倒だし、途中で降られても悔しいのでそのまま続行する。
走り始めてすぐに着内は汗か湿気かでわからない水滴で濡れ濡れ状態に・・・。
正直ゴアテックスの通気性っていったい?という気になる。

今まで雨の中でゴアを着用したことはあったけども、それはあくまで普通に歩くレベルの運用にすぎない。今日のような雨こそ降ってはいないが、恐ろしく湿度の高い状態+有酸素運動というのは、はじめての経験である。

山で一雨降られて、ゴアのパーカーでその場をしのぐ・・・
その後山の中を行動しているとこんな感じになる訳ですな。
ゴアだからいつでも快適!なんて事はない。
湿度が高ければ普通の雨合羽と同じに蒸れるし、その水滴で濡れる。
この不快な状況、山で初体験とならずによかった。
あらかじめ知っておけば、どうということはない。

丸五ジョグ12枚
ソールがガッシリしているおかげで安心感がある。
そのせいか気がつくとドタドタと雑な走りになりやすい。
前回まではソールが地面に擦れる音も頼りにしていたが、ゴア上下の出すシャカシャカ音でほとんど聞こえないのも雑になる要因か。
後半は6割程度のフォアフットで地面を捉える走法に変更。
衝撃も減り、同じ運動強度でもスピードが上がる。
踵や膝が痛いこともない。

なにが正解かはわからないが、とにかく続けてみよう。

author:Q.Z.ライフ, category:地下足袋 + ジョギング, 02:22
comments(0), -, -
地下足袋+スロージョギング 3回目
洗濯で縮み、パツパツの力王さんでスロージョギング。
足首の底屈が完全にはできないキツさでも割り切って走る。

踵は浮かせたままではなしに、8割程度のフォアフット。
薄いソールと完全なフラットさのおかげで、ちょっとの意識で着地時のポイントを変化させられるのは面白い。
8割フォアフットのまま、足音ができるだけ静かになるようにコントロール。
自然と歩幅は小さくなり着地は前傾姿勢胸の下あたりとなる。
細かなステップを早めのサイクルで足を送る。
自転車でいう「クルクルまわせ」のように軽い負荷ではやくまわしていく感じ。
そんな探りながらの35分ジョグでございました。

■痛みは・・・
負荷は減ったもののやはり痛みはそれなりに出る。
1回目直後のふくらはぎ全体がひどく痛かったのが、今はアキレス腱のあたりのみに落ち着いてきている。
それも痛くてしょうがないというより、ああ使ったからなぁという程度。
一晩たてばなくなりそうなレベル。

■今後・・・
もう一度田中教授のYoutube動画を見てポイントをおさえてみる。
明日から雨が続きそうなのでちょっと憂鬱。

author:Q.Z.ライフ, category:地下足袋 + ジョギング, 23:31
comments(0), -, -
地下足袋+スロージョギング 2回目
地下足袋2回目の使用を終えて。
先日打ち立てた理論はあっているような気がする。

■では何故にまだふくらはぎが痛いのか?

地下足袋のソールはただのゴム板1枚なのでクッション性など皆無な履物。
スロージョギングがいくら横アーチ部で着地すればいいといっても現代人の足にこの衝撃は半端ない。

通常の靴を履いた時と同じ走り方をしているとあっという間にふくらはぎがキツくなってくる。なので踵を着かない!なんて頭からスッポリと抜け落ちて、ふくらはぎへのダメージをいかにおさえて走るのか?そのことだけに集中することになります。
っていうかそうでないと走れないw。
結果、バランス的には横アーチ8:踵2ぐらいの感じに落ち着きました。

ランニングシューズで全部の過重を横アーチでとらえると、ザッザッザッという地面をするような音と共にソールが激減りしていたのが、地下足袋にすると履物には一切頼れないんで着地が慎重になり結果足裏全体をうまく使う感じになります。

本来の田中教授が打ち立てたスロージョギングではなくなってしまいましたが、ここはもう解釈を変えて続けることにします。
・時間は推奨される1日30分。
・会話ができる程度の運動強度(心拍数120~130程度)
・地下足袋でも走れる着地条件で続ける。
 (踵からの着地はしない。8割のフォアフット)

こんな感じかな。
これで1週間ほど続けてみてふくらはぎのダメージを検証してみます。

author:Q.Z.ライフ, category:地下足袋 + ジョギング, 23:15
comments(0), -, -
地下足袋+スロージョギング 1回目
購入した『力王たび〆太』を家の中で履いて歩いてみる。
あれ?なんか痛い。
フィット感は申し分ないのだけど第2指になにかぶつかって痛い。


足袋の中を手でまさぐってみると↑の赤丸の部分が出っ張っている。
ソールも先っちょの三角部分だけ分厚くできており、こいつが中に出っ張っています。
ソールの形状だけなのか、接着剤か縫うために生地を重ねた部分なのかはイマイチ釈然とはしませんが、とにかく出っ張っていて指に干渉します。

特に足指で地面をつかもうとするとモロに指に干渉するので痛い・・・。
店で試し履きはしたものの歩行テストまではしなかったのが敗因ともいえる。

まあ、スロージョギングでは地面をつかむようなアクションはしないし、横アーチ部で地面を捉える分にはそんなに問題はないと思われる。

常に買って履かれている職人さんたちは痛くないんでしょうかね?
もっとサイズに余裕をもたせればいいだけなんだろうか・・・むう、疑問だらけだ。

■実際に使用してみた。
思っていた通り指が痛くなるような動きはしなかったので問題は軽微である。
・・・この問題は。

そんなんよりも重要なのはふくらはぎへのダメージや!

い・・・いてぇw。まじで。
半端なく痛いよママン。

ワイの超理論がぁ・・・(哀
泣いてばかりいたって幸せは来ないから〜
ということで風呂場で地下足袋を洗濯。
製造時に付着している油等は洗っておかないとかぶれの原因になるそうです。
ジャブジャブしてからベランダにそっと干す。
指はあたるが全体的なフィット感は最高なので駄目になるまで使ってみます。


author:Q.Z.ライフ, category:地下足袋 + ジョギング, 23:58
comments(0), -, -
スロージョギングと履物
スロージョギングをはじめて10日ほどが経った。

スロージョギングを取り入れた理由は
ただ単純に減量に効果が高いといううわさを耳にしたからである。

内容的には減量適しているといわれる心拍数120〜130の間を維持しつつ
有酸素運動を続けるというものなんでカラクリとしてはいたって単純。

お約束事項として踵を地面に着けずに横アーチの部分で着地をして
膝への負担を軽減させるというのがある。
はやい話が踵つくなということ。

紹介動画を見ているかぎり超楽勝な運動レベルなので早速やってみるも
つま先立ちでの着地はかなりの負担がふくらはぎにかかり痛む。
・・・何故?
やり方のせいか?と思い、試行錯誤に数日をかけるも痛みは一向にかわらず。

では続けているうちに慣れてくるのか?と思いさらに数日。
どうやら慣れとかそういうモノではないということがわかってきた。

そこで問題は自分ではなく履物ではないか?と仮定することにしたw。

今使用しているのは初心者用のランニングシューズで
膝の負担を減らすという名目でソールのクッション性が高く分厚いもの。
(Born to Run を読むと眉唾ものだがここでは省略ス)
つまり踵の部分がつま先よりも高いので、靴を履いている状態を素足での位置関係で考えると、履いて立っているいるだけで軽くつま先立ち状態になっていることになる。
なのに、さらに踵を持ち上げて行うスロージョギングはよりふくらはぎに負担がかかる事になるのではないだろうか?ということはソールができるだけフラットな履物でスロージョギングをやればふくらはぎは痛まない!という俺理論に至った。

至ったからには履物を探してみる。

んで、購入したのがこちら。




グレイトにフラットソール。
足が吸い込まれるようにジャストフィットざます。
試し履きをしてコレだ!と思わず勢いで買ってしまいました。

■余談
力王たび 〆太 2200円 地下足袋としては高額の部類。
12枚こはぜで激太のふくらはぎに会うサイズなんて売ってるんやね。
ちょっと感激しました。ホームセンターでも28cm扱ってるし。
昔お祭りで必要だったんだけどふくらはぎが収まるサイズなかったんだよ。
今回もくるぶし上までの5枚こはぜがいいところだと思ってた。

実践投入してまいります。

author:Q.Z.ライフ, category:地下足袋 + ジョギング, 20:08
comments(0), -, -