RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
LL1号機
LL1号機:ボディ

初のLL用スラパ改造記。完成は3DS3号機の形状を目指して進めます。
何をやっているかわからない場合は3DS用3号機の記事を先にどうぞ。




とりあえず切断。おきまりの段差をガイドにする。


スラパ固定のネジ部が近いので注意。


左側に見えるダボを目安に切断してみる。


グリップ部分が丸ごと残る。




スラパ部の切り出し。3DS3号機のように2個イチはやらない。


蓋と本体が切断できたところであわせて確認。


どのくらいつめようか・・・


このぐらいしか詰められないのか。


マスキングテープの部分にある嵌合をたよりに位置あわせをする。
いきなりまっすぐには切れないので微調整してます。




仮止め。嵌合部が干渉するので調整してからプラリペアを盛る。


それと、幅をつめているので本体内部の干渉する部分も切断しておく。






カットするだいたいのラインを赤鉛筆で書き込む。


立ち上がり部分を残して切り詰める。


微調整と称してニッパーで・・・。


メネジの移植


位置的にはこの辺。ギリギリ乗りそう。


切り出しておいたメネジ


ネジをしめて固定しておいて


スキマからプラリペアで仮止め。


仮固定完了。あとはガッチリ盛るだけ。


メネジもついたんで再び蓋側をすすめる。高さの違いがすごい。


スキマを埋めて固定。


曲面が多いのでそれなりのカーブで仕上げる。


スラパ部はプラ版を使ってみる。なければマスキングテープでもいいと思う。


裏面にマスキングテープを貼ってプラ版を安定させる。


1回目の盛り→整形


2回目の盛り→整形


エッジ部を集中的に盛る。


仕上げてこんな感じ。まだ部分的に空いている部分もあるが一旦終了。


本体側の処理。段差が激しいのでプラリペアで盛ったところ以外も削る。


全体的になだらかに仕上がればいいと思う。


もうチョイ仕上げて右手側は終了。次はスラパ部。



author:Q.Z.ライフ, category:拡張スライドパッド改造, 00:00
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -, -
Comment