RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
LL2号機
LL2号機の作成:ボディ


加工前の3DSLL用拡張スラパさん。すでに中身はなくドンガラ状態です。


ボディのラインから平行線を拾ってスラパの下にけがき線をいれておきます。
切り離しの目安になるのと、移植先での基準となるので慎重にまっすぐに。


スラパを固定するメネジに触れないように慎重に切り出します。


段差をガイドにして、擦れ跡が残るぐらいギリギリを狙います。


無傷で切り出しましょう。失敗した場合はもう一個購入となります。


今回は1台から作成するので切り出し終わったこのパーツは再利用します。


LL2号機のコンセプトは『限界ギリギリまで幅を詰める』です。
Rボタンを共締めするメネジが残せる範囲で切り詰めます。


本体とあわせてみました。


空間になっている部分を一気に詰めます。
最初の切り出しで豪快に切断したので、切断面がカーブの途中です。


ネジを締めて固定した後、プラリペアでつないでやります。


マスキングテープの部分まで延長します。
曲線部で途切れていたのを直線部まで延長したことにより今後の作業が楽になります。


ちょっと未来の画像w。
これでも途中ですが、結構削り込んでいるのがわかると思います。


画像の撮り忘れで一気に進みます (゚Д゚)ワープ
コーナー部分は一番薄くなります。2ミリないですね。
まあ、限界を試してみるという事なんで。


形状なりにヤスリで削りこんでいきます。
Rボタンのメネジは脇の2本のステーが支えているので天面を削っても安定してます。


大穴をふさぐべく、マスキングして裏からプラリペアを大量消費で壁をつくる。


見た目はOKでも光にかざすと透けておりますね。


裏から表から盛って削って整えて。
残した穴はスパーダーっぽくて好きだったんで、このまま残すか悩む。


結局埋めました。


あ、忘れてましたが、幅を詰めると本体側から生えるステー等が確実に干渉して邪魔になりますのでニッパーなんかで調整しておく必要があります。


Rボタンの切りかきから20mmのところで切断します。


グリップの部分を残してみました。
どのくらいの幅を詰めるかは先に加工した蓋側と相談しながら。


微調整した後、プラリペアを点止めで仮固定。


段差が激しいのでプラ版をあててみる。が、マスキング法の方がやりやすい。


あとは、盛る→削る→盛る→削る それだけです。


純正スラパはやたら肉厚なので、プラリペアの盛りが足りなければ本体をガンガン削っても全然大丈夫。結果がそれっぽくなだらかでキレイになっていればOK。


だいたい整いました。
スラパ部は1号機からの移植。こちらもプラリペアで固定→調整→整える。
ボディの加工はひとまずこんな感じです。

author:Q.Z.ライフ, category:拡張スライドパッド改造, 20:57
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:57
-, -, -
Comment