RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
Y型 特殊ドライバー
拡張スライドパッドを分解するのに必要不可欠なのがY型ドライバー。

うちでは使用頻度が高いせいか、SUN FLAG社製のものがお亡くなりになりました。



銀色に光り、先端が痩せてしまっています。


先端のなめたドライバーはねじ穴を痛めます。


逆もまたしかりで、先端がダメなドライバーで使用してしまったので、これらのねじは全部廃棄します。
特殊なタッピングネジなので市販品での代用はできません。

こちらが新しく購入しましたANEX製のドライバー。



先端部の比較

左:ANEXは20mmの突き出し
右:SUN FLAGは30mmの突き出し


3DS LL用の拡張スライドパッドにANEXのドライバーを使用したところ。
一番深いところでも、問題なくねじを回せます。


■まとめ
2社製品を見てすぐにわかるように、先端のサイズが違います。
ネットで見ていても、サイズは大と小のようにあいまいで、対応できるねじのサイズがイマイチわかりません。実際にあわせてみた感じはANEXの方が拡張スライドパッドのねじの大きさに合っていると思います。
SUN FLAG社製品の先端が舐めた時に「ざけんな」とか軽く思ってたりもしましたが、ANEX社製のドライバーをみて「アレ?先端のサイズ違うやん」ということに気がつく。
 今回の件は特殊工具だったということもあり、知識不足でサイズの違うものを使ってしまったがために起きた事なのだとちょっち反省。

 SUN FLAG社製とANEX製でどいらが優劣いう記事ではなく、2社の製品はそもそもサイズも違い、拡張スライドパッドを分解するにはよりANEX製の方があってますよということ。

どんな道具でも正しい場所で正しく使って初めていい仕事をします。


author:Q.Z.ライフ, category:拡張スライドパッド改造, 19:05
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:05
-, -, -
Comment