RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
ニッカズボン
地下足袋にあうズボンを求めていたらニッカズボンにブチあたった。

以前、紹介でやった仕事でまわりにそういう格好の人がけっこういたので
山でのズボンの条件をあげたらニッカズボンにピンと来たわけです。

記憶にあるのはガテン系でも職種が違えば格好や色が全然違ったということ。
思えば作業着を買うときに親方から○○は駄目ね。などの注意がありました。
黒は重量屋だとかなんか細かかったです。ハイ。
細かい違いがわからぬまま退職してしまったんで、いまだに不明な点は多いです。

不明な点が多いままにお店で行き当たりバッタリに買い物をすると、失敗→後悔→わたるが死んじゃうのルナコンボになるのは目に見えているので早速予習です。

ニッカズボンといえば鳶職のユニフォーム。
鳶職といえば寅壱。
寅壱のサイトで研究開始。

ニッカボッカは太さや形状で名称が違うので、
まずは寅壱のズボンの種類を見てみましょう。

■種類
ニッカズボン
・ロングニッカ

・寅壱七分
・寅壱八分

・ロング八分
・超ロング八分
・超超ロング八分
・超超超ロング八分

・寅一ニッカ
・寅一Vニッカ
・胴付ニッカ
・V八ロング
・乗馬ズボン

・胴付八分
・ロング胴付八分
・超ロング胴付八分
・超超ロング胴付八分
・超超超ロング胴付八分

・超超名古屋ロング胴付八分
・超超超名古屋ロング胴付八分

■七分と八分の違いは?
昔のなごりで裾の細い部分をボタン何個で止めていたか?という説と単純に足の何分目まであるのかと言う2つの説あり。
形状的には八分の方がモモ部が細く膝にかけて裾広がりになっています。
超が付くのは『八分』だけのようで、七分には採用されていません。

■超大杉w
超の文字はロングにかかっており、超が増えるほど絞りまでの距離が長くなり、ダブダブの部分が地面に近づくと思えば問題ないでしょう。
同じ八分でも超の付き方によって見栄えがぜんぜん違いますね。

画像左:ロング八分 画像右: 超超超名古屋ロング胴付八分

忍者スタイルを目指すなら七部・八部でもいいんですが、山で会う全ての人に林業関係者と間違えられて「ご苦労様です」と声をかけられる可能性が高いです。
真っ黒でかためて忍者コスプレはそれなりに受けそうですが、かなりの健脚でないと自我の崩壊が待っていそうでこわいです。

■結局候補は?
形状は七分・八分でもぶっちゃけよいのですが、ふくらはぎ部の絞りがかなりタイトにできているのでパツパツどころか入らないです。
これは最初からうすうす感ずいてはおりましたので無問題です。
結局、ニッカズボン・ニッカロングしか残りませんでしたとさ。



author:Q.Z.ライフ, category:低山散歩 道具, 01:25
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:25
-, -, -
Comment