RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
地下足袋の購入にあたっての注意事項
購入に至るまでに、さんざ履き倒して選んだわけですが
地下足袋は履いてみるまでわからない!
というのを痛感しました。

同じメーカーの同じ種類の同じサイズ。
2足を出して履いてみるとそれぞれでサイズが違うんですよw。
片やユル目。片やキツ目。縫製いかんによってぜんぜん違うの。
さすがにソールはゴムだから同じでしょうけどね。
例の段付きソールも足袋の中を手指でまさぐってみると個体差がありました。
明らかにアウト!てな製品やコレなら大丈夫かも・・・なんて製品まで。
(自分で履けないサイズまで多数チェックしてきた)

■地下足袋購入チェックリスト (自分用)
・地下足袋は必ずお店に出向いて、試し履きすること。
 安い通販は魅力だがリスクが伴う。

・同商品の同サイズがあるならできるだけ全部履く。
 あまりに個体差がありすぎるので要リスク回避。

・手を足袋の中に入れて変な段差がないかを確認する。
 縫い付け式のソールの形状、貼り付け式の接着剤の盛り上がり等。

・前もって指つき靴下を持参する。
 どんな厚みの靴下をあわせるかでフィット感が変わる。

・洗った時の縮みを想定しておく。
 洗ってどのくらい縮むかはやってみないとわからない。
 ずっと洗わないのも手のひとつかもしれない・・・汚いけど。


author:Q.Z.ライフ, category:地下足袋 道具, 19:09
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:09
-, -, -
Comment