RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
歯医者へ

歯石とり2回目。
前回おおまかに超音波の器具を使って歯石を除去したので、今日はより細かい部分に手が入ります。
前回も痛かったが、所詮は超音波なんで多少ずれたり手元が狂ってもたかがしれているんで痛いのだけ我慢していればよかったが、今回は手作業のみで進行するのでけっこう怖い。

■鋭利なんてもんじゃない鋭さ!

コレを口のなかで結構な力を入れてガリガリやるんで、「アッ」と誤って歯茎に突き刺さって大出血とかやだな・・・なんていらん想像をしてしまう。

駄目なことを想像しても仕方ないので、このスケーラーの材質ってなんだろう?あれだけ細い先端部で硬い歯石を削って変形せずに磨耗もしないって凄いな・・・とか、歯まで削らないように歯石より硬くて歯よりも柔らかい硬度なのだろうか・・・?ステンだろうけど・・・ステンの何番だろう?こんなことばっか考えていた。
もちろん口内を凝視するアイドル級にカワイイ衛生士さんをながめながら。
よそで聞くおっぱいアタックはありませんが、いやはや最高、至福の時。

30分ほど経ち、どうも全部の歯石を取りきってしまったようで歯石除去はこれにて終了。
あとはちょこっとある虫歯治療と右上顎の親知らずを抜けばコンプリートやな。

5月中旬には歯医者通いもなくなりそうだ。

追記

拷問用具のスケーラー・キュレット
一度使用したら消毒・滅菌・研磨をするそうです。

鎌型、鋭匙型(キュレット型)、鍬型、ヤスリ型、チゼル型と多種類あり。

■うーむ。こんなに使い分けているとは知らなんだわ。


author:Q.Z.ライフ, category:日々、出来事, 20:54
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:54
-, -, -
Comment