RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
センサーを移植してみる
ZC100のカバーを開けた段階で保証や正規の修理依頼は受けられないものとお考えください。「保証も切れていて、もう修理にだすつもりもない」という自分で完全に責任がとれる人向きの記事です。


ニチドウのデジタル水温計も届きましたので、ZC100と接続をしてみましょう。

センサーはそれぞれ同じ位の数値を表示しています。画像はたまたま一緒。



まず、ZC100の水温センサーですが、もとの位置がここ。
水漏れの原因にもなりかねませんので、除去はしていませんね。



修理時の追加センサーを打ったのがこちら。



このセンサーから白い線がフロントのパネルまでのびています。


鰐口クリップでもってニチドウのセンサーと接続。


はい。なんなく動きました。




ちなみにセンサーをダブルにして計測すると2つを足した数値になります。



■結論
ZC100のセンサー故障は市販のセンサーで代用できる。

代用できますが、
夏場の超暑い日にセンサーが故障して、生体の生死にかかわるような止む終えない場合を除いてはには、故障したらメーカーに送りましょう。

普通の修理やオーバーホールもきっと受けられなくなると思いますので。



■追記 2014 0827
自己責任のうえ、どうしてもセンサーの交換に踏み切る必要性がある方へ

白い発泡スチロールに覆われたタンクから映えているセンサーですが、センサー自体には一切手をつけずにセンサーの根元で白い線をカットします。
センサーを残すのは水漏れの原因になるので。



この白い線は配管にインシュロックでしばって固定してあるので、フロントパネルまで解放していきます。
途中、インシュロックを切断する場合は換えをホームセンター等で購入しておきます。


画像ではコネクターが外してありますが、通常ならばフロントパネルにささったままのはずです。
あとはZC100を元の状態に戻していく作業ですね。
解放した白い線をZC100のカバーの格子状の穴から外に出すことを忘れずに。
そして白い線と新しく購入したセンサーと結ぶだけです。

ニチドウセンサーの線は中が2本。
ZC100の白い線も中は2本。
この2本を結線します。
向きはありません。

フロントパネルの数値を確認してそれっぽい数字が出ていればOK。


■重要…というか必ずお読みください。

ここまで読んで意味がわからない場合はゼンスイに修理の依頼をしてください。

  ゼンスイ株式会社

【西日本地区】072−654−3743
【東日本地区】0480−33−2058
  受付時間 平日(土日祝を除く)
  9:00−12:00 / 13:00-17:00


間違ってもセンサーの移植方法をゼンスイに問い合わせるようなことはおやめください。


■ブログ主より
「ZC100 故障」で検索してこられる方が急増しています。
分母が増えればそれだけいろんな人がココを見るわけでして、中には簡単な工作ができない人も含まれるということです。そんな人にむけてこれ以上簡単にできないレベルで追記を書きました。本当は必要な情報だけをテキトウにまいておいて、理解できる人だけがそれを利用できればそれでいいという考えでいます。というのも理解できる人は勝手に作業なりなんなりうちの記事をデータの一部として使ってくれるでしょうし、理解できない人は遠ざかってくれるのでトラブルが非常に少ないからです。

当ブログでは私が行った作業をタイトルのごとく『備忘録』として書いているだけで「さあ、みんなも自分で修理しようぜ!」というわけではないことをご理解ください。


びぼうろく【備忘録】
備忘録は、記憶すべき事柄を簡単にメモするための個人的な雑記帳である。



author:Q.Z.ライフ, category:ゼンスイ ZC100, 21:34
comments(5), -, -
デジタル水温計きた。
Amazonで注文していたニチドウのデジタル水温計が届いた。



とりあえずバラしてみる。









センサーへは線が2本。
向きとかきまっているなかな?と思ってテストしてみることに。
何も考えずにコードをぶった切って丸ピンで処理しておきました。



線を入れ替えても反応は同じ。

ZC100にこのセンサーを接続した時に同じ位の温度を表示してくれればOK。


author:Q.Z.ライフ, category:ゼンスイ ZC100, 12:40
comments(0), -, -
ZC100 の代用センサーを検討する
ダラダラの経過垂れ流し記事ですのでご注意を。

うまいこと復活したうちの水温センサー様ですが、いつまた不機嫌になるかわかりませんので、これを機に代用センサーを調べておくことにします。

とはいっても

デジメーター2のセンサーを付けると普通に復活します

この一文だけが頼りという博打のようなもの。


デジメーター2は水温と外気温の2種類の計測とモニターのライトアップ機能のみという電池式の簡単な温度計です。

未だに販売しているお店もありますが、メーカーが廃盤にしている以上これからどんどん入手できなくなるのは目にみえています。

それなら後継機にあたるデジメーター3を使えばOK!と思いきや

センサーの形状に変更がみられます。コードもなんか太いですし。
同じに機能してくれればデジメータ3でもいいんだけどな。


他のメーカーからもデジタル水温計が出ているのでちょいとセンサー部をチェック。

テトラ WD-1


ニッソー ND-X


ニチドウ マルチサーモセンサー


ニチドウ 金魚・メダカのデジタル水温計


代表的な3社、4種類を見ているとセンサー部がデジメーター2と同じなことに気がつきます。
いちいちオリジナルを開発するより、そこそこの性能で出回っているパーツを組み上げたほうが安上がりですからね。
これでデジメーター2のセンサーが特別なものではなく更なる代用がきく可能性が出てきました。同じとなれば入手しやすくて安価な物が一番いいに決まっています。

この中で一番安価なのが、『ニチドウ 金魚・メダカのデジタル水温計』。
amazonで696円。
因みにニチドウは日本動画薬品株式会社の略ね。



そのまま検索を続けているとmigsendという業者名で同等品がありました。

気になる価格も550円と最安値です。

ニチドウもですが、この形状のものは海外製のOEMなんでしょう。
そこで海外での扱いをしらべてみます。

「AQUA DIGITAL THERMOMETER」で検索。

それぞれST-3、H2Oという名称で販売されていました。
画像の他にもパッケージの異なるのを3種類ほど見つけました。
どれも10$はしますのでわざわざ海外ルートで購入するのはうまみがありません。

国内だとこの形状はニチドウとmigsendの2択になりますが、レビューを確認するとこの手の安価なデジタル水温計は箱だし時での不良がちょくちょくあるようなので、クレーム・返品交換に迅速に対応してくれそうなニチドウを選んでおくのが無難と判断できます。

■結論
デジメーター2と同じ形状のセンサーを使うなら

『ニチドウ金魚・メダカのデジタル水温計』

ということで、人柱にはいい価格だと思うのでポチってみました。
テトラも同じくらい安かったけど、レビューがクソすぎだったのでスルーです。

author:Q.Z.ライフ, category:ゼンスイ ZC100, 08:06
comments(0), -, -
ZC100のセンサー故障に朗報!
自分で確認した訳ではありませんけど、拾ったネタで。

Charmというペット用品で有名な楽天のお店でZC100のプレビューにこんなことが書いてありました。

-------------------------------------------------------------------------------------------


なぜか毎年壊れるクーラー

部屋が特別暑い訳でも無いのに自分のは何故か毎年壊れる・・・それも決まってサーミスタが壊れて温度が80℃とかの表示になる。もう自分で修理しようということで既存のセンサーをカット(クーラー配管に接着固定されてるので外すと水漏れの危険性があるので抜かない)そこにデジメーター2のセンサーを付けると普通に復活しますwセンサーを水槽内に設置する手間が増えますが配管の温度を拾うよりこっちのほうがいいかな?... 

-------------------------------------------------------------------------------------------

デジメーター2とはなんぞ?



なるほど、コトブキから発売されているデジタル水温系なんですね。
拾えるデータをそのままZC100で使えるのならちょこっとした改造で済みますのでこれは便利ですね。

今はデジメーター3が発売されているのでデジメーター2は廃盤のようです。


デジメーター3はソーラータイプに進化していながら、ネットで1,000円以下で購入できるのもいいですね。

ちょうど水垢で汚れたホースを一新しようと思っていたので、面白半分に買ってテストしてみますかねw。

センサーが2と同じだといいんだけど。


author:Q.Z.ライフ, category:ゼンスイ ZC100, 23:46
comments(0), -, -
水槽クーラー ZC-100 のお掃除
センサーがイカれたZC100をどうしたもんかとネットを徘徊。

「サーモセンサーに水垢が付着して誤信号の原因になっている場合もある」という記事を発見。確かに今まで掃除らしい掃除をしたことがないなと思い水垢の除去を考える。

別記事に水垢を落とすにはクエン酸なることも記載されていた。無水クエン酸は薬局で簡単に入手できるということなので、早速買いだしへ。


500gで1200円。結構値段がはります。
ネットで探せばもっと安いのかもしれんが、今すぐ欲しかったので気にしない。

とりあえずバケツに水をはり、ポンプとクーラーを接続して循環回路を組んだ。


クーラー内を洗浄すべくスイッチオン!
バケツ内がみるみる水垢だらけにΣ(゚д゚lll)キタネー
水を替えては流しを繰り返しているうちに汚れかたもすっかり落ち着きました。
んで、おもむろにクーラーの電源を入れたらサーモの数値が正常に…。

エエェェェェェェ(°Д°)ェェェェェエエエ

まあ、治ったというよりは、水垢が水流で流れたといったところだろう。
残念ながら今の時代の機械には自己治癒力はないので。

クエン酸を投入する前にセンサーが正常な数値を指し示してしまう…。
せっかく購入したんで使ってみることにします。
クーラー内のこびり付いた頑固な水垢を溶かしてさらにキレイになるかもしれません。

どの位の濃度がいいかなんてわかりませんので適当にぶっこみます。
んでまた循環→放置。

1時間ほどしてから放置プレイ中の風呂場にもどるとドブの臭い。
水には水垢の姿はないものの、明らかに水が黒い。
確実に水垢を溶かしているようです。

サーモも復活したので、温度設定で回路を解放状態にしてから電源をおとす。
この状態で朝まで放置するとします。



author:Q.Z.ライフ, category:ゼンスイ ZC100, 23:31
comments(0), -, -
毎年壊れるのはなに? ZC-100
だんだんと暖かくなってきましたので、水槽のクーラーも準備しないとね。

んでスイッチ入れてみたら

 67℃     Σ(゚д゚lll)

とか表示されましたよ。

去年と同様にまたもや温度センサーがイカレたようです。


なにこれ毎年センサー交換するのが仕様なの?

センサー交換するのになんやかんやで1万飛んで行くのよね。
静岡ホビーショーなんて行ってる場合じゃなくなりましたわ。

んで分解してみたら、昨年の壊れた温度センサーはそのままで線をカットして、新たに別の場所に追加を打ってありました。

ちゃんと交換したんだねぇ。

もう一回修理に出したら今度はどこに追加打つのかねw。

author:Q.Z.ライフ, category:ゼンスイ ZC100, 08:46
comments(0), -, -